ポイント

  1. 介護業界の離職原因1位は人間関係
  2. 人間関係が良好かどうかは求人情報や見学から知ることができる
  3. 職場の人間関係が悪い場合は職場を変えることを視野にいれる

キツイ、汚い、給料が安いなどネガティブなイメージが強い介護業界ですが、実際に離職する方の多くは「人間関係」を理由に挙げています。
極端な話を言えば、仕事がどれだけキツくとも、給与が低かろうとも、人間関係さえ良好なら仕事は続けられるものです。

せっかく就職した職場なのに人間関係で悩むのは嫌ですし、そうなった時にはなかなか他人に相談できるようなものでもないでしょう。
人間関係で悩んだ末に、介護業界そのものから離れてしまうのは、高齢者の役に立ちたいと高い志をもって業界に参入しているのにもったいないことです。

そこで施設への就職の際に人間関係を見極めるポイントをまとめました。
今の施設での人間関係が悪く、転職したいと考えている方も参考にしてみて下さい。

人間関係の悪い職場に就職・転職しないためのポイント

人間関係が良くない職場というのは、求人内容や職場見学である程度見極めることが可能です。

求人情報が常に出ている・頻繁に募集している

求人というのは雇用側からしてみたら労力とお金がかかるものです。
そのため、施設側としては本来は一度採用した人には長く働いて欲しいもの。

常に求人情報が出ている施設というのは、採用した人が長く居つかないことを意味しています。

その理由は施設の環境や利用者への不満などもありますが、人間関係が原因である可能性も捨てきれません。

介護業界は深刻な人材不足ではありますが、それでも「常に人手が足りない」ということは施設に何か一癖あることを疑ってよいでしょう。

募集内容が魅力的すぎる

求人情報に出ている内容が一般的な介護福祉施設に比べて魅力的過ぎる場合にも注意が必要です。

大前提として、おいしい話というのはありません。
介護業界は介護報酬によって事業所の収入が成り立っている以上、特別景気がよい施設というものは存在しないんです。

圧倒的な好条件で人材を欲している施設というのは、そうでもしないと人が集まらないということの裏返しです。
人が集まらない理由はいろいろありますが、やはり人間関係が原因であることも疑えます。

施設職員や利用者がいきいきしていない

実際に施設を見学しに行くのは、人間関係が良好かを知るチャンスです。

あなたの目に、職員がやりがいをもって働いているように映るかどうか。
また、利用者への接し方に問題はないかなど、あなたがその職場で働いた時の姿を想像しやすいはずです。

もし、同僚への接し方や利用者への接し方が悪い人がいて、施設がそれをよしとしているのであれば避けておいた方が無難です。
逆に利用者の態度が明らかに悪いなども同様です。
施設が人間関係について無関心である証拠だからです。

他にも利用者が危険にさらされているなど、扱いに少しでも疑問を感じた時には担当者に確認するなりして、その職場での対応がどのようなものかを確認するようにしましょう。

若い人や中堅の人が働いているか

いわゆる「お局様」がいる職場というのは、若い人ほど居つきません。
年齢が上がれば上がるほど、「この職場を離れたら次の仕事がないかもしれない」という不安から、多少の人間関係には目を瞑って続けるものです。

若い人や中堅の人など幅広い年齢層の人が働いているということは、その職場の人間関係が割と良好であると言えるでしょう。

昇級制度や経営理念がしっかりしているか

介護職のように体力的な仕事が多い職場においては単純な年功序列で昇給が決まることも少なくありません。

本来管理職になる人や指導者になる人は、その素質を認められて昇級しなければなりません。
単純な年功序列で「勤続年数が長いから」という理由で役職を得た人が上司になってしまうと、職場の人間関係といったマネジメント部分に目が行かないことが多いです。

経営理念のもとに施設の職員が一丸となって働いているような職場であるかどうかは見学時や面接時にしっかり確認したいポイントです。

転職エージェントの評価はどうか

転職の際には転職エージェントへ登録する方法もあります。
エージェントの仕事は求職者と企業のマッチングを行うことです。

つまり、エージェントはあなたがどんな職場を欲しているかという希望を元に、マッチするような職場を紹介してくれるパートナーとして転職活動をサポートしてくれる存在ということ。

特に、エージェントは担当する施設の良い点も悪い点も把握していますので、エージェントの評価を確認するというのも人間関係が悪い職場を事前に避けることができる手段と言えます。

人間関係が悪い場合は転職を視野に

人間関係の良い職場、悪い職場というのは残念ながら存在しています。
そして、職場環境はあなたの努力で改善できるようなものでもありません。

もし、今の職場の人間関係が悪いなと感じている場合には、上記のような注意点を参考に、よい職場への転職を進めていきましょう。