ポイント

  1. 介護派遣は時間的な自由と高い時給が魅力
  2. 長く働くのであれば正社員に比べて不利
  3. 良くも悪くも契約期間に左右されるので期間限定の仕事だと理解する

介護業界で働こうと思った時に、正社員やアルバイトという雇用形態だけでなく、派遣社員としての就業という方法もあります。
派遣社員として働くと、正社員やアルバイトと何が違うのでしょうか。
メリットやデメリットを例に説明します。

介護派遣で働くことのメリット

派遣社員として働く事のメリットは、時間的な自由と時給が高いことが挙げられます。

派遣社員として働く場合、派遣契約によって就業時間が決まりますので、基本的には残業がなかったり夜勤がなかったりという働き方になります。
そのうえ時給ベースで換算すると正社員よりも高額になることも。

時間的な自由があって高い賃金を貰えるのであれば、仕事をしながらの資格取得が目指しやすいとも言えます。
派遣社員でも実務経験が積めるため、介護の上級職となる資格を取るための条件を満たせるからです。

これだけ考えると正社員として採用されるよりも派遣社員の方が良いのではないかと思えます。

介護派遣で働くことのデメリット

では逆に派遣で働く事のデメリットにはどんなものがあるのでしょうか。

給与面では、時給ベースで見ると正社員より高額であったとしてもたいていは賞与が出ません。
そのため、年収ベースで考えると介護施設で働く正社員よりは低くなることがあります。

また、社会保険への加入がない可能性があるのもデメリットと言えるでしょう。

介護施設で働く正社員には、施設側が必ず社会保険への加入をすることになります。
その負担は給与から天引きされるため、手取りは額面より低くなります。

それに比べて派遣社員の場合、社会保険に加入する義務があるのは登録している派遣会社の方です。

働く期間と働く日数次第で社会保険の適用となるか否かが決まりますので、あなたと派遣会社、派遣会社と施設との契約次第ということになります。

そして、デメリットと言えるかは難しいですが、派遣社員を雇用しなければならない施設の職場環境は若干疑ってかかる必要があります。

施設は正社員よりも派遣社員を雇用した方が時給ベースで高額になるのに、なぜ派遣社員を雇用しなければならないのでしょうか。

その背景には人がいつかない職場であるということも挙げられます。

派遣社員と正社員やアルバイトとの違い

メリットもデメリットもある派遣社員という働き方ですが、そもそも正社員やアルバイトとはいったい何が違うのでしょうか。

派遣社員と正社員、アルバイトとの最大の違いは「雇用形態」です。
正社員やアルバイトは就業する介護施設と直接雇用契約を結びます。
それに対して派遣社員は派遣会社と雇用契約を結び、登録した派遣会社が介護施設と派遣契約を結ぶことになります。

そのため、正社員やアルバイトは利用者のサービスを通じて施設の利益となるように働く必要がありますが、派遣社員は利用者のサービスから施設の利益に繋げることで、所属する派遣会社の信用や価値を高めることが必要となってきます。

もし、あなたの派遣社員としての働きが施設の利益に繋がらないと判断されれば、派遣契約期間終了後に契約の延長をしてもらえず施設を去らなければならない可能性も出てきます。
これは所属する派遣会社にとっても利益とならないため、次の派遣先を探してもらうのが難しくなることにも繋がりかねません。

まとめ

派遣社員として働くということは、資格取得を目指すなど期間限定で考えれば効率がよいといえるでしょう。
もし職場が肌に合わなかったとしても、派遣期間の終了をもって職場を去ることもできるため、あくまで期間限定ならオススメです。

もし特定の職場で定年まで働きたいと思うのであれば、賞与や昇給があったり社会保険が完備されている正社員という働き方の方がよいですね。

介護業界で派遣社員として働くのであれば、まずは介護業界への派遣を行っている派遣会社への登録を行うことになります。

コメントをどうぞ