ポイント

  1. 介護職の職場環境は悪い
  2. 全ての職場において環境が悪いわけではない
  3. 自分の職場の環境が悪かったらすぐに転職できる

介護職に就いてみたいけれど、職場環境が酷いというイメージがあるために躊躇してしまう人も多いと思います。
実際の介護の現場はどのような感じなのでしょうか。

介護の職場環境はそんなにひどいのか

介護の職場環境がよくないことを裏付ける理由のひとつに、離職理由が挙げられます。
介護業界の離職理由の上位を占めるのは人間関係など、職場環境に起因するものばかりだからです。

一般的には仕事がきつい、給与が安い、休みが少ないなどなどが理由で仕事を続けられなくなると考えられがちですが、本当にやりがいのある仕事であれば内容がきつくとも、収入が低くとも辞めません。
それでも職場環境だけは別です。

人間関係がよくない職場では、職員間のいじめがあったり、利用者へのやつあたりがあったりと、自分がやりがいをもって仕事を続けていくのが困難となるような場面に出くわします。

また、職場の理念と自分の信条が異なっていても同様です。
本当に利用者本位に働いて、喜んでもらいたいと感じていたとしても、職場の理念が金儲け主義に偏っている場合には納得いかない部分も多くでてきます。

ただし、これらはあくまで「そういう施設もある」というものであって、すべての事業所において職場環境が悪いことを意味しているわけではありません。
職場環境を理由に辞める人が多い介護業界とはいっても、当然ほかの理由で辞める人も多く存在しています。

そのため、結局のところは職場環境の良し悪しは「事業所による」としか言えず、入職前の見学などから見極めていくしかありません。

職場環境を理由に諦めるのはもったいない!

介護業界は離職率も高いと言われていますが、全業種の平均値から群を抜いて離職者数が多いわけではありません。
また、離職者のうち何割かはまた介護業界に再就職しているというデータもあります。

結局のところ、介護職そのものが嫌になるのではなく、職場環境を変えるために離職する人が多いということです。

逆に言えば、職場環境を変えてでも介護職を続けていきたい魅力があるということ。

魅力は挙げて行けばキリがないですが、やはり直接利用者の役に立てる仕事であるというのは大きいです。
利用者につきっきりでサービスを行い、直接感謝してもらえる仕事というのは介護職の他にはありません。

そしてこれからの超高齢化時代に向けて、介護職が圧倒的に重要な仕事となってくることがわかっています。

というのも、高齢者が増えることは単純に要介護者が増えることを意味しており、要介護者を支える人が必要となるからです。
もし介護職に就く人の数が足りなければ、要介護者は家族が支えていかなければならないわけです。
家族が介護と仕事の両立をすることは困難であり、現在でも親の介護を理由に離職する人が増えていることが大きな問題となっています。

そう考えると、介護職は利用者にとってのヘルパーなのではなく、日本を支えるヘルパーであると言えるでしょう。

そんな重要な仕事に就きたいと思う人が、職場環境が悪いことを理由に介護職を諦めてしまうのは本当にもったいないことです。
幸い、現在は介護業界は深刻な人手不足状況にあるため、職場環境が悪ければどんどん転職をするということが可能です。
むしろ、環境が悪い職場からよい人材が転職していくことで事業所が方針を見直すキッカケになるかもしれません。

本当に利用者の役に立ちたい、日本を支えていく仕事がしたいと考えている人なら、職場環境を気にせず「ダメだったら転職する」という気持ちで就職活動に臨んでいくのがオススメです。