ポイント

  1. 介護職といってもいろいろな仕事がある
  2. 利用者の役に立てる事は喜びであり、介護者のやりがいである
  3. キャリアパスを思い描いた転職がオススメ

人の役に立ちたい!介護業界で働いてみたい!でも、どんな仕事があるのかわからないし不安。
実際に仕事をする前は誰しもそういう気持ちになっているものです。

そんな不安を少しでも解消するために、介護職にはどんな仕事があるのか、そのやりがいはどんなものか、きびしくないかなどを中心に、初めて介護職を目指そうという方にとってオススメとなるポイントをまとめました。

介護職にはこんな職種がある

介護職とひとくちに言ってもいろいろな仕事があります。
まず、職場は大きくわけて、居宅、通所、施設でわかれます。

利用者の自宅や有料老人ホームで介護を行う居宅介護。
ホームヘルパーなどの訪問介護や、訪問リハビリ訪問入浴などがこれにあたります。

比較的要介護度の低い利用者が居宅での療養を前提に、介護施設へ通うのが通所介護。
デイサービスや通所リハビリなどがこれです。

そして要介護度が比較的高い利用者が入所し、施設内サービスでの介護を行う介護施設。
特養老健などの介護保険施設や、グループホームサービス付き高齢者向け住宅などが挙げられます。

いずれの職場においても、実際に利用者の介助を行う介護職員と、職員を陰で支える管理職事務などで職種が分けられます。

介護職員の仕事は食事、入浴、排せつと想像しがちですが、それだけではありません。
介護の本質は心身のケアにあります。
利用者のQOL(Quality of Life = 生活の質)を向上させるために、利用者の声を聞いてサービスに反映させていくなどのコミュニケーションが欠かせません。

また日常生活の介助以外にも理学療法士作業療法士といったリハビリ職として従事すれば、利用者の状態改善などに貢献することもできますし、看護師として一部認められている医療を利用者に施すこともできます。

そんな介護職員と利用者を結ぶ役目をしているのがケアマネジャーです。
ケアマネジャーのおかげで利用者は適切な介護サービスを選択することができるようになりますし、介護職員もケアプランを参考に適した介助を行うことができるようになります。

また、施設を運営するのに欠かせない介護事務職や、利用者の栄養管理を担う栄養士として介護職に携わることもできます。

一般的に言われるやりがい・きびしさ

介護の仕事をしたいと思うぐらいなので、直接的に「困っている人の役に立ちたい」という想いが強い方が集まります。
そのため、利用者と接することで必然的に「やりがい」は生まれてきます。

自分の支えがあることで利用者の生活の質が向上すること、それによって感謝してもらえることは何ごとにも代えがたい喜びです。

その反面、肉体労働としてのきびしさや、賃金が安いというようなことが一般的な介護職のイメージであるとおり、実際に体力仕事である点や給与が割に合わない点を理由に介護職を離れる方も一定数存在します。

初めて介護職を目指す人におすすめのポイント

以上の点から、これから初めて介護職を目指そうという方には、将来を見据えて「どんな職種に就いて、どんなスキルを得ていくか」というキャリアパスを考えることをオススメします。

たとえば自身が高齢になってもバリバリ体力仕事をする自信があれば、介護職員としてのエキスパートである介護福祉士を目指すという道が見えてきます。
介護福祉士になれば、管理職としての認定介護福祉士を目指す事も可能になってきます。

管理職を目指すのであれば、介護福祉系の大学や養成施設を利用することで得られるキャリアというものもありますが、ほとんどの場合は実務経験が必須となってきます。
自身が将来就きたい管理職になるにはどういったキャリアが必要なのかを事前に調べて、最短で辿りつけるような道を進むのがオススメです。

転職サイトを上手に利用するなどして、自身のキャリアに適した職種を探していきましょう。