ポイント

  1. 看護師を現場でサポートする役割
  2. 医療行為は行えない
  3. 看護師を目指す人のスタートアップに

介護業界の求人情報で「看護助手」が募集されているのを見かけることがあります。
看護助手は看護補助者と呼ばれる仕事で、主に看護師の補助を行う役割となります。

一見すると単なる雑用のように思われるかもしれない仕事ですが、施設運営のためにはなくてはならない存在です。

そんな介護看護助手の仕事内容、給与や職場、求められていること、そして介護看護助手になるために必要なことについてまとめました。

介護看護助手の仕事内容

介護看護助手の仕事内容は、前述のとおり看護師の補助になります。
介護施設においても医療行為を行えるのは看護師の資格を持つ人だけなので、あくまでその補助を行うのが介護看護助手の仕事。
※「医療行為」とは、医師の指示のもとで行う診療補助と看護師の独自判断で行える療養上の世話のことを指します。

ではその補助というのは何を指すのか?というと、注射器などの補充や検査室まで利用者を届けること、カルテを運ぶなどといった医療行為以外で看護師が行う仕事のサポートから、リネンや病衣の交換や配膳・下膳、入浴や排せつの介助といったいわゆる「介護業務」、そして部屋の掃除や洗濯、ゴミ捨てなどの雑務までを含みます。

さらには指定研修を受けている介護職員は本来医療行為であるたんの吸引なども可能となっているため、指定研修を受けた介護職員が看護助手を務める場合には多岐にわたる仕事が任せられると考えてよいでしょう。

実際に働いている方の中には看護助手としての仕事を「雑用」として卑下してしまう方もいるようですが、施設が正常に機能する為にはいなくてはならない存在です。
自信をもって仕事に臨んで欲しいところです。

介護看護助手の職場

看護助手の職場としては、主に病院ということになりますが、介護業界での看護助手は介護施設などで看護師が必要とされている現場かつ、助手としての手を欲しているところが職場になります。

看護師が必要となる現場は医療行為が行われる施設となり、介護施設として登録されている施設であれば、基本的にどこでも職場となりえます。
介護療養病床のように病院と併設する可能性が高い現場ほど、看護助手の必要性は高くなる傾向にあります。

また、必然的に女性が多めの職場となりますが、同じ看護助手でも施設や担当部署によっては雰囲気が全然違うため、事前に見学させてもらうなどして職場の雰囲気を掴んでおきたいところです。

介護看護助手の給与

厚生労働省の賃金構造基本統計調査によると、看護補助者の平均的な年齢、勤続年数から見た平均給与は以下のとおりになっています。

年齢 勤続年数 実労働時間 残業 月給 年間賞与
44歳 7.5年 159時間 3時間 206,800円 431,900円

パッと見で、介護職員に比べても平均年齢のわりに月給と賞与が低いことがわかります。
介護福祉士などの資格手当が見込めないからかもしれません。

実際、初任給で13万円に各種手当がついて、夜勤もふくめてようやく20万円(額面)程度というのが一般的な給与で、そこに賞与が数か月分(ただし施設の業績による)つくイメージです。

賞与は大きな医療機関であれば数か月分付くことが多いですが、小さな介護施設等では望めないことも。
介護施設では利用者一人あたりの施設に入る利益が小さく、また他の施設との差別化が図りづらいため、なかなか大きな利益を出せない傾向にあるためです。

このあたりは施設によって差がありますので、介護系求人サイトなどで比較して失敗しないようにしたいところです。

介護看護助手になるには

介護看護助手になるには特別な資格は必要ありません。
一般に介護施設の職員が兼任しているということもあります。

資格は必要ありませんので、求人情報誌や新聞などの求人情報、介護系求人サイトで「看護助手」の募集を調べて出てきた施設に直接申し込んで採用してもらう形になります。

人材としては、介護看護が未経験でも雇用してもらえる傾向にあり、これから看護師を目指そうと思っている人のスタートアップとして選ばれている職業でもあります。