ポイント

  1. 診療報酬の請求が主な仕事
  2. 医療現場の縁の下の力持ち
  3. 介護事務とは似ているけれどまったく別の仕事


介護利用者を直接支えるのが介護職員ならば、介護職員を陰ながら支えるのが事務職員です。
介護施設においては介護事務職が必要とされますが、介護事務と比べられる職業として医療事務という職業があります。
これらの違いはどういった点なのでしょうか。

医療事務の仕事内容、介護事務との違い、給与や職場、求められていること、医療事務になるために必要なことについてまとめました。

医療事務の仕事内容

医療事務の仕事は診療報酬の請求業務が主となります。
これは介護事務における介護報酬の請求と似ていますが、計算方法や性質が違うもの。
医療事務の場合は医療事務の専門知識が必要となってきます。

診療報酬は診療内容から点数計算をして請求していくことになり、診療内容と点数の関係をしっかり把握しておく必要があるわけです。
診療報酬の内容は2年に1度見直されますし、制度自体が頻繁に変わる業界でもあるため、常に最新の情報を得られるように注力しなければなりません。

その他の業務としては外来の受付、カルテや診察券の発行、設備の備品購入などといった一般企業における総務のような仕事も任されます。

介護施設における介護事務と仕事内容としては大差ないものの、その性質や詳細が違うため完全に別の職種と考えるようにしましょう。

医療事務の職場

医療事務の職場は診療報酬が発生する施設全般となるので、病院や診療所、クリニックなどということになります。
介護事務と比べて就職活動を行う際にも求人数が多いのが特徴です。

これは介護業界の保険制度が収益を出しづらい構造になっていることが原因の1つであり、介護施設においては専任の介護事務という募集が少ないことも関係しています。
(介護施設では、介護事務専任の社員を雇ってしまうと採算が取れなくなるわけです)

職場環境としては、医療施設もほとんど眠らない現場になっている場所も多い事から、そこそこ激務であると考えた方がよいでしょう。

医療事務の給与

医療事務の給与は施設によってまちまちではありますが、正社員の場合はだいたい大卒で20万円未満からスタートし、平均年収で250万円~350万円といったところです。

介護職員・介護事務の仕事と比べると若干高額です。

パートとしてスタートすると未経験で800円台のスタートとなり、スーパーマーケットなどで就業するのと変わらない額面と言えるでしょう。
ただし、経験を積んでいくに連れて1,000円をオーバーしてくるため、続ければ続けるほど給与が上がる傾向にあると言えます。

医療事務になるには

医療事務になるために、特別な資格は必要ありません。
とはいえ、求人条件として医療事務の民間資格を有していることや、医療事務の経験があることを求められることが多いです。

特に診療報酬請求は専門的な知識が必要となるため、全くの未経験かつ全く知識がない状態で現場に入ると慣れるまでが辛いかもしれません。
そのため、民間の医療事務資格を取得してから求人を探すというパターンの方が多いです。
※医療事務資格は通信講座やスクールなどで気軽に取得することが可能です。

とはいえ、介護事務のようにそもそも求人情報が少ないとか、着任して即戦力として働くことを期待されるとか、他の仕事との兼任ということがないため、比較的職場は探しやすいと言えるでしょう。

また、前述のとおり、介護事務と医療事務は似て非なる仕事内容と言えるため、介護事務を経験していたことが医療事務職に就く際の強みとはならない点にも注意が必要です。
いずれはどちらかに絞るとしても現段階ではどちらに就職すべきか決めかねると言った場合には、医療事務と介護事務の両方の民間資格をとっておくことをオススメします